mt4インジケーターとCCI

MT4のチャートにはさまざまなテクニカル指標が用意されていて、どのテクニカル指標をもとにトレードを行っていくかによって、パフォーマンスの善し悪しが変わってきます。確率の問題ばかりではなく、自分に合っているか否かというものも、大切な判断材料になってきますから、それぞれのテクニカル指標を把握しておくことが大事なのです。

テクニカル指標のひとつにCCIというものが存在しています。ここではCCIを紹介していきましょう。CCIとは、Commodity Channel Indexの略称であり、ドナルド・ランバードが1980年に考案したと言われているものです。アメリカなどでは、株であったり先物取引などではほとんどの相場で利用されているものなのです。

CCIはオシレーター系のテクニカル指標と言われていますから、売られ過ぎや買われすぎというものを判断するためのテクニカル指標になります。本来はトレンドの強さを測るためのものなのですが…。ですから、売られ過ぎや買われすぎの強い指針にするのではなく、トレンドの強さであったり、トレンドの発生として使った方が効率が良いと言えるものなのです。

CCIの最大の特徴としては、相場ごとにサイクルを決定し、その上で平均偏差を計算して、その平均値からモメンタムを表しているものであるということです。簡単に言ってしまうと、他のオシレーター系のテクニカル指標と違っているところは、サイクルを利用しているという点にあります。使い方としては、たとえば順張りであれば、100を下から上に抜ければ、買いシグナルと判断する。逆に100を上から下に抜けていれば、手仕舞いというシグナルだと判断します。さらに-100を上から下へと抜けていれば、売りのシグナル。―100を下から上へと抜けていれば、手仕舞いのシグナルと判断します。

そして逆張りの場合であれば、200から下方向へと動いていれば、売りのシグナルになり、200から上方向へと変動していれば、買いのシグナルになります。これらの方法のほかにも、順張りと逆張りの複合として利用できることも挙げられます。このようにさまざまな使い方があるということを覚えておきましょう。注意点としては、どういった使用方法を行うにしても、サイクルをどのように設定するかによって違ってくるということを覚えておきましょう。このサイクルの設定ですが、一般的には9、17、26を基本としたサイクル設定にするというのが、一般的だと言われています。また時間足しによってパラメーターを変更していくということも上手な使い方だと言えるでしょう。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ