mt4インジケーターとフィボナッチ

フィボナッチとは、FX取引に使われるインジケーターです。しかしこれは他のものと少し異なった、ユニークなインジケーターといえるでしょう。

このインジケーターは、13世紀頃にイタリアの数学者であるフィボナッチによって考案されました。自然科学と絡んだコンセプトから生まれているのです。彼は植物や昆虫など様々な生物の生態を研究して、それらが1.618という周期に則って行われているのではないかと考えました。

この1.618という周期数は、数学の中にも見つけることができる数字です。「1+1=2」、「2+1=3」、「2+3=5」、「3+5=8」、「5+8=13」と連続する自然数の和を計算して 、その和を「1÷2=0.5」「2÷3=0.667」「3÷5=0.6」というように計算していくと、次第に0.618という数字に近づいていくことになります。また長方形で両辺が1:1.618という割合のものは、幾何学的にも「黄金比」と呼ばれ、最も均整のとれた形であるとされています。

FX取引ではこのフィボナッチ数を使って、トレンドの転換点がそのトレンドの高値と安値の間で「38.2%」(100%−61.8%)、「50%」、「61.8%」の位置づけとなるポイントではないかと考えられています。つまりある上昇トレンドがあって、そのトレンドが終わり下降トレンドが始まった場合、その反転トレンドが終わるのは元の上昇トレンドの始まった価格と終わった価格の間を「38.2%」、「50%」、「61.8%」で区分した何れかの価格であろうと予想できるということです。

MT4では、このフィボナッチはナビゲーターウィンドウの羅線分析ツールや Custom Indicatorsでとしてではなく、ツールバー内にある「Fibonacci Retracement」というボタンを使って表示することができます。このボタンをクリックしてオンにした状態とし、そのマウスポインターのままでトレンドの始点となるポイントをクリックします。そうしますとそのポイントに「423.6」と示された黄色のマークが表示されます。このマークを指定した状態にしてマウスポインターをトレンドの終点までドラッグするとFibonacci Retracementが表示されます。

ちなみに相場が61.8%を越えた後のトレンドの加速的上昇を予測して、その伸びの限界ポイントを100%、161.8%、261.8%、423.6%とすることがあります。これらの数値をフィボナッチエクスパンションと呼びますが、この423.6とはそこからきたものです。MT4では、フィボナッチエクスパンションも表示されます

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ