mt4インジケーターと一目均衡表

FXテクニカル分析もさまざまな方法が存在します。そのひとつである一目均衡表について紹介していきましょう。一目均衡表は名前からも判断できると思いますが、メイド・イン・ジャパンのオリジナルツールです。ローソク足チャート同様に日本の代表的なオリジナルツールだといえるでしょう。一目均衡表は、FXだけの分析のみならず、株式投資や先物取引などのすべての相場で広く使われている非常に人気があり、尚且つポピュラーな分析方法だと言えるでしょう。

一目均衡表は、現在の東京新聞兜町担当記者であった細田悟一氏によって、戦前の1936年に考案されたテクニカル指標なんです。自分で研究所を設立し、2000名ものスタッフを使って、7年もの歳月をかけて作り挙げられたのが、この一目均衡表です。現在でもこの研究所は存在し、株式会社経済変動総研として存在しており、ホームページも存在します。

一目均衡表は非常に習得が難しいとされているテクニカル指標とされています。解説本は全部で7巻もあり、時間論や波動論、値幅観測論などを総合的に理解する必要があるからと言われています。しかしながら、完全に習得する必要性はなく、その概念とシグナルさえ習得していれば、問題がないと言われています。

一目均衡表がどうしてここまでさまざまな相場で広く使われ、重宝される存在なのか。それは一目均衡表はテクニカル指針の中でも、唯一時間という概念を取り入れたテクニカルであるということではないでしょうか。一目均衡表の特徴は、従来からあるテクニカル指標が現在の価格とその平均をもとに、売買度合いや標準偏差から分析をしているのに対して、過去の価格と未来の保有度合いをチャートに描き、価格と時間との均衡関係を一目でわかるようにしているところです。これで分かるのは、時間を重視したテクニカル指標ってことなんです。

一目均衡表のグラフは全部で5つ存在し、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つになります。基準線は相場の方向性を示し、横ばいなら方向感なし。上昇していれば強気相場、下降していれば弱気相場。転換線は移動平均線のシグナルのようなもので、基準線とクロスすると買いシグナルや売りシグナルを表します。2つの先行スパンの間に構成されるものを「雲」と呼び、抵抗線や支持線になったりするのです。当日よりも26日前の価格を表すスパンは、以前に買った人や売った人の心理分析ができるグラフであると言われ、売買の心理を分析することができるとされているのです。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ