mt4インジケーターのアラーム・アラート

MT4を利用したいと思っている全ての人々が、完全自動売買を望んでいるわけではないでしょう。部分的には独自に考え出したシステムに則って取引の材料とするものの、実際に取引をする際だけは手動の処理を行おうという人も少なくないはずです。

相場というものには確かに多くのトレンドがあるように思えますが、じっとチャートを眺めていると、次にどのような方向性に変動するかが自然と分かってしまうようなこともあります。そのように感じる人は一定の部分は元に決めておいたシステムに則り、トレンドに入った時だけを対象とすることにします。そしてトレンドに入った後は、よくチャ−トの状況を自分の目で確かめてから、自分の判断で取引を行うという流れを取るということになるでしょう。

MT4のCustom Indicatorとは、そのプログラムをMetaEditor上に開いて既存のインジケーターの内容をユーザーの好みに従って改良することができます。またこれまでにはなかった全く新しいインジケーターを作って、MT4上で利用することができるというのも大きな利点といえるでしょう。それはただ単にインジケーターのチャート上で表示状態を変更するというだけではなく、トレーダーに対してその取引をサポートすることもできます。

MT4には、元々アラーム・アラートの機能が実装されています。ターミナルウインドウのアラーム設定で右クリックから「作成」を選択すれば、アラーム設定のウィンドウが現れますから、そこで新しいアラームを作成できます。

しかしそこで設定できるものは、相場の価格値を基準にしてアラームの通知条件を指定するというような簡単なものです。これに対してCustom Indicatorを使えば、様々な相場の状況に応じてアラーム・アラートを設定することができます。例えば簡単なところでは、基準となる抽出機関の異なる複数の移動平均線において、交点をトレンドの転換地点とみなして、その時期が来た時にアラーム・アラートを発信するということが設定できるといった具合です。

MT4は基本的にパソコンを起動させた状態でなければ機能しませんから、ユーザーは結構パソコンの周りにいるということが多いかもしれません。しかし場合により近くから離れなければいけないこともあり、そのような状況でアラーム・アラートというのは結構頻度を高くして使用される機能なのではないでしょうか

MT4といえば、EAがよくクローズアップされています。しかしインジケーターを利用するトレーダーにとっては、このアラーム・アラートはとても重要な機能といえるかもしれません。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ