mt4インジケーターをアンドロイドで利用

最近、世界的にインターネットはすさまじい勢いで発展を続けています。Windowsパソコンで利用するブラウザにしても、これまではInternet Explorerほとんどシェアを占めていました。しかし現在インターネットの世界で進化し続けているGoogle社は独自ブラウザのGoogle Chromeを開発し、これは最近活発に普及され続けているようです。Googleの進出はスマートフォンにも及び、「アンドロイド」と呼ばれるスマートフォン用のOSは、最近多くのCMでその名前をよく見聞きするようになりました。AppleのiOSと並び、今や2強の一角となっています。国内外問わず多くのスマートフォンメーカーがこのアンドロイドを取り入れたスマートフォンを生産しており、ユーザー数も延びていることから、今後もアンドロイドの普及は止らず進んでいくのではないかと見られます。

このような時代において、MT4もまた進化が求められています。MT4といえば、これまではパソコンで使われるスタイルがポピュラーでした。日本でもFX取引は莫大な数の人々に普及している状況で、「スマートフォンでMT4を使えないだろうか」という要望は必然的に増えているようです。

MT4以外のFX取引ツールでは、スマートフォンによる取引というのは現在それほど珍しいものではありません。それならばMT4でも実現されていいのではないかと思うかもしれませんが、日本でMT4を提供する国内系FX取引会社の「FXトレードフィナンシャル」は現在、国内で唯一、アンドロイド搭載スマートフォンで利用できるMT4のシステムを提供しています。

ただ残念ながら、この業者を含め世界の全てのMT4提供FX取引会社では、スマートフォンでのMT4利用は実現しているもののCustom IndicatorやEAの利用はできません。元々MT4を製作するMetaquotes社が、そのようなスマートフォン向けMT4をまだ生産していないのです。EAはユーザーが独自に開発したプログラムで成り立っていているわけですが、そのプログラムを読み込み処理するという技術にまでまだ至っていないというのが実態としてあります。

どうしても独自に作ったインジケーターを使って取引しようとするのであれば、FXトレードフィナンシャルで口座開設をして自宅などのパソコンでMT4を起動し、そこでインジケーターを利用してアラートをスマートフォンに送り、さらにスマートフォンで取り引きするという方法が場合によっては可能でしょう。スマ−トフォンでのMT4の利用は、さらに今後の進化が望まれている分野といえます。さきがけとなっているFXトレードフィナンシャルでスマートフォンでの利用に慣れておき、それと共に今後のスマートフォン利用に備えておくことをお勧めします。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ