mt4インジケーターを自作する場合

MT4のビギナーであれば、MQL4を使ってインジケーターを自作しようという時にはCustomIndicatorの作成から始めたほうが良いかもしれません。色々な種類のインジケーターを作成してそれによってチャートを分析していると、また違った見方というものが生まれてくることでしょう。さらにはそのようなことが、以後の取引に役立つということも実際にありえるのです。

また発注機能の入ったEAを作成しようとした場合には、何度もデモトレード画面で発注の練習やそこで生まれたポジションの処理をしなければいけません。これには、思った以上に結構多くの時間を取られてしまうかもしれません。

ただそのようなプログラミングを行っていると、いろいろな状況で疑問が生まれてくることがあるはずです。現在日本におけるMQL4を解説するソースは、インターネット上でも海外に比べるととても限られています。これは、日本のMT4のユーザーにとっては大きな問題となるでしょう。海外のソースを確認しようとすれば、当然ながら英語力などがまた必要になってしまうのです。

しかし日本の国内業者の中には、顧客が少しでもスムーズにプログラミングなどを進めていけるようにサポートサービスを提供している会社があります。そのような業者のサービスを利用できれば、ビギナーにはかなり大きな利点があるでしょう。最近の業者の中には、少人数制で顧客を集めてMT4のセミナーを行うところがあるようです。少人数制で行うことで各人に目が行き渡りますので、細かな配慮が行き届いたサービスといえるのではないでしょうか。こうしたサポートを上手に使いながら進められ江波、EA作成のビギナーにとって立ちふさがる障壁は、その多くが取り除かれることになるでしょう。

とにかくMQL4は英語のプログラム言語ですから、日本人にとってはそれだけで扱いにくいものといえるかもしれません。そのため日本人がこのようなツールを取り扱うには、まず国内の業者で口座を開設しておくことをお勧めします。理解を深めるには、やはり日本語での利用が可能な環境が最適といえるからです。海外の情報は、どうしても必要なときにだけ留めておきましょう。

またインジケーターを自作する場合には、どのようにそのインジケーターをプログラムの中で表現してよいのかわからないことがあるかもしれません。そんなとき、他のインジケーターのプログラムを参照するということが、新しいインジケーターを作成する際に役立つでしょう。国内業者では、顧客向けに独自のMT4用インジケーターファイルを提供するというようなサービスを行っているところがあります。そのような業者で口座を開設して「このようなインジケーターがほしい」といったことを伝えれば、希望に添ったものが実際に提供される可能性があります。またインターネット上で配布されている場合、その配布物を紹介してもらえることもありえます。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ