mt4インジケーターのダイバージェンス

ダイバージェンスとは、インジケーター チャートが相場価格チャートと逆行する場合のことを表しています。

ダイバージェンスは特にインジケーターがRSIなどの場合において、相場のその後を予想する基準として用いられます。そこでダイバージェンスは、相場が変化する前兆としてみなされたりするのです。例えば相場が上昇しているにも関わらずRSIが下降している場合は、相場が下降する前兆として見なされます。するとトレーダーは逆張りとして、売りの指値注文を出したりするわけです。

この場合に使われることになるRSIとは、その銘柄が相場で買われ過ぎか売られすぎかを示すインジケーターで、基準となる期間での上げ幅の総量と下げ幅の総量の比率から生み出されるものです。買いと売りの合計総量に対しての買いの総量の割合によって0から100までのパーセンテージで示し、80%以上は買われ過ぎ、20%以上は売られ過ぎというように表されることとなります。

ダイバージェンスという現象ですが、先に挙げた例でいけば相場が上昇しているのにRSIが下降しているというのは、どのように捉えればよいでしょうか。

この場合、確かに相場は上昇しているわけですが、過去の上げ幅というものが現在の上げ幅を上回るほどにとても高かったために、その上げ幅分が時間の経過によってRSIのデータに反映されなくなってゆきます。するとRSIは、下降を続けているという見方をすることができるでしょう。相場がだんだん上昇力を失う傾向となってきているということで、売り圧力が働くとも言えるわけです。

RSIは、MT4の中にもCustom Indicatorとして実装されています。プロパティウインドウのパラメータータブを見ると「RSIPeriod」という項目があり、初期設定では「14」となっています。これはRSIの対象とする期間となり、この場合は14日平均を意味します。MT4ではRSIはチャート下部に表示されますので、上部の相場価格チャートとの比較のために参照することができるでしょう。

しかし長い相場の中で、ずっとダイバージェンスが生じるのをインジケーターを参照しながら目測で待ち続けようとするのは、ほとんど無理といわざるをえません。インターネット上では、このダイバージェンスを扱ったCustom Indicatorが提供されているようです。これはダイバージェンスが現れたら、シグナルを出すという仕組みのシステムになっています。このようなCustom Indicatorは、ダイバージェンスを扱う場合にとても役立つものとなるでしょう。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ