mt4インジケーターのダウンロード方法

MT4のインジケーターといえば、MT4をインストールした時点で既にナビゲーターウィンドウにある「Custom Indicators」内にたくさんのCustom Indicatorが入っており、すぐにこれを利用することができます。

MT4の利点といえば、価格データやEAといった取り扱われるそれぞれの部分がウィンドウズファイルになっているので、外部から新しいものを取り入れたりできるという点でしょう。Custom Indicatorでも、それは同じことが言えます。初期設定でMT4内に格納されているCustom Indicator以外にも、外部で提供されているものを取り入れて利用することができるのです。

そのようなわけで、インターネット上には多くの種類のCustom Indicatorが提供されています。提供するサイトとしてはMetaquotes社のサイトだけではなく、数多くあるMT4コミュニティでも無料で提供されているようです。

EAとCustom Indicatorの違いについて、少しご紹介しましょう。EAは注文発注も行いますが、Custom Indicatorは行いません。しかしEAもCustom Indicatorも共にMT4のナビゲーターウィンドウ内に表示され、ダブルクリックでチャート上に展開していくことになります。また、それぞれMetaEditor上でプログラミングを行うことになり、プログラム編集ファイルは拡張子が「.ex4」のプログラム実行ファイルとは違って拡張子が「.mql」のものとして作成されます。

インターネット上で提供されているCustom Indicatorは、誰でも簡単にダウンロードすることができます。そのファイルをパソコンのマイコンピュータ内にあるフォルダへ格納するだけで、Custom IndicatorはMT4上で利用できるようになるのです。格納先は「マイコンピュータ>>ローカル ディスク(C:)>>Program Files>>利用するFX取引会社のMT4フォルダ>>experts>>indicators」となります。

EAの場合は、この中の expertsフォルダ内に格納するだけでそのEAをMT4上で利用できるようになります。しかしCustom Indicatorの格納先は、そのexpertsフォルダ内にあるindicatorsフォルダとなりますから注意が必要です。ちなみに拡張子が「.mql」のプログラム編集ファイルも、このプログラム実行ファイルと同じくindicatorsフォルダに格納することになります。これはEAの場合も同様で、EAのプログラム編集ファイルはexpertsフォルダ内に格納されます。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ