mt4のインジケーターの売買サイン

MT4には、非常にたくさんのインジケーターが搭載されています。ナビゲーターウィンドウの中にある「羅線分析ツール」フォルダーと、「Custom Indicators」フォルダー。その中にインジケーターを見つけることができますが、多くのMT4ユーザーは、通常の取引ツールでは実現しにくいような独自設定を行ってみたいという考えを持っているのではないでしょうか。そうなれば、Custom Indicatorsフォルダ内に含まれるインジケーターの方が重視されてくるといえます。Custom Indicatorとは、つまりカスタマイズできるインジケーターということになります。簡単に説明すれば、それぞれのインジケーターのプログラム編集ファイルを開いて、利用者が独自の設定を施した改良を実現できるということです。

MT4のCustom Indicatorでは、売買サインを表示するよう設定することができます。しかしそれは、チャート画面の左上に売買サインを表示させたり、アラームをMT4上で起動させたり、あるいはメールで通知させたりと、様々に設定することが可能となっているのです。

特にMT4には、たくさんの表示設定があります。ですから画面表示ということで言えば、とてもバラエティーに富んだ設定を作成することができるでしょう。まずはMT4のコミュニティやMT4関連の多くのインターネットサイトの中で提供されているインジケーターをダウンロードして、どのようなパターンがあるかについて研究してみることから始めると良いかもしれません。

ちなみにMT4のCustom Indicatorは、現在の状況ではEAと同じくシステム全体をサーバーに乗せるという方法を取らない限り、パソコンを切った状態では利用できないようになっています。このためCustom Indicatorの情報を保守しながら、そのCustom Indicatorを使って遠隔地でアラートによる報告を受けたいという場合もあるでしょう。そういった場合には自宅などでパソコンを起動して、そこでアラーム設定かメール設定の付いたCustom Indicatorを使い、その機能によって戸外でもアラームかメールの通知を受けるということになります。

EAにしてもCustom Indicatorにしても、ユーザーによって独自に作成されたシステムです。その内容はMQL4によってプログラムされたものですが、まだそれらのプログラムまでをスマートフォンなどのデバイスで閲覧することは実現していません。しかし今後は、わざわざアラームやメール通知を確認するのではなく、そういったデバイスからダイレクトにユーザー独自のプログラムによる利用が出来るようになることが期待されているのです。

[スポンサードリンク]
MT4FX業者比較ランキング【MT4人気No.1業者はココだ!】
自分でポジションを考える時代は終わった!システムトレード時代の突入にMT4の専用業者を比較しよう!

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ