mt4インジケーターとは

FX取引のインジケーターとは、チャート上で相場価格を一定の基準で分析した結果の表示のことです。FX取引で相場分析には様々なインジケーターが利用されているようですが、MT4には初期設定でナビゲーターウインドウの中の羅線分析ツールフォルダとCustom Indicatorsフォルダの中に多くのインジケーターが収納されています。羅線分析ツールのものはMT4に内蔵された形になっていますから、そのプログラムを開いたりはできませんが、Custom Indicatorのものはプログラムを開いて改良することができますし、外部から新しいものを取り入れることも可能です

両フォルダのインジケーターとも、ダブルクリックもしくはチャ−ト上にドラッグ&ドロップすればプロパティウインドウが開きます。そしてそこで、インジケーターのパラメーターなどを指定することになります。

インジケーターには相場価格チャート上にそのまま表示されるタイプのものもあれば、相場価格チャートの下に特別な枠が生まれて表示されるものがあります。下に枠が生まれて表示されるタイプのインジケーターを複数表示する場合、ダブルクリックで表示すれば別枠で表示され、ドラッグ&ドロップで表示すれば同一枠内に表示されることになります。

チャートに表示した後、パラメーターなどを編集もしくはチャート上から削除する場合は、チャートを右クリック>>「表示中の羅線分析ツール(I)」、で表示されるウィンドウ内でインジケーターを選択し、「編集」もしくは「削除」を押せば実行できます。

Custom Indicatorのプログラムは、MetaEditor上でMQL4を使って編集できます。スクリプトの書き込みが終われば、コンパイルボタンを押して「ok」の表示が出れば完成です。この時「Program Files」>>その取引会社のMT4フォルダ>>「expert」>>「indicators」の中に、拡張子が「.ex4」の実行ファイルが生成されます。

この「indicators」ファイルに実行ファイルがあれば、MT4のナビゲーター>>Custom Indicator内にその名前が現れ、コンパイル済みのものであればチャート上で利用できます。

MT4には多くのインジケーターが実装されていますが、実装されていないインジケーターはMT4関連のコミュニティサイトやMT4を取り扱うFX取引会社のサイトなどで提供されたりしています。今後、さらに多くのCustom Indicatorが開発されてユーザーに提供されていくことでしょう。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ