mt4インジケーターとサイコロジカルライン

MT4を代表するFX取引や株式投資をする場合に、非常に重要になってくるのは、何を買うか。そしていつそれを買うかというものを決めることではないでしょうか。数多くある通貨ペアの中から、どの通貨ペアに投資するのかをまず決めるということが肝心要なところですよね。そして次に考えることは、それをいつ購入するかにかかってきます。

これをより正確なポイントで行うことができれば、当然に最良のパフォーマンスを実現させることができるわけで、これを実現させるためには、テクニカル指標が必要になるわけです。そのひとつにサイコロジカルラインというものがありますので、ここではそれを紹介していきましょう。

相場は当然に上げと下げを繰り返すものです。まるで生き物のように。上げばかりの相場は存在しませんし、逆に下げ一辺倒の相場も当然に存在しません。サイコロジカルラインは、これを人間の心理に落とし込んだテクニカル指標になります。上げ相場が何日も続いている場合には、人間の心理として、もうそろそろ下がるんじゃないかという気持ちが出てくるものです。下げ相場の場合であれば、これとは逆にもうそろそろ上がるだろうとなってくるわけです。

この下がるだろう、上がるだろうという考えには多くの人間が考える時点というものがあるはずなんです。より多くの人間がそういう風に思えば、相場はその思惑通りに変動するものです。サイコロジカルラインとは、そろそろと…とより多くの人間が思うときというのは、いつであるのかということを数値化したものだと思ってください。

サイコロジカルラインでは、一定期間のうちに相場が上昇した日が、何日あったかというのをパーセントで表示したものです。一般的に75パーセントを超えたら買われすぎと判断できることになります。つまりは相場はそろそろ下げに転じると判断している人間が、多い地点であるというシグナルになります。反対に25パーセントの数値を下回った場合、売られ過ぎであると判断できますから、相場はそろそろ上げに転じると判断している人間が多い地点ということになるわけです。

このサイコロジカルラインの計算の基礎になっている一定期間というものは、12日に設定するというのが一般的です。サイコロジカルラインの算出方法としては、この設定した12日間の間で、終値が上昇した日が何日あるのかを数えます。そしてその日数を12で割れば、サイコロジカルラインが算出できるのです。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ