mt4インジケーターとROC

MT4インジケーターは、さまざまなものが用意されていますが、その中のひとつであるROCインジケーターについて、紹介していきましょう。ROCインジケーターは、さまざまな場面で利用されることが多いインジケーターになります。トレンドの追跡に利用する場合もあれば、買われすぎや売られ過ぎというものを特定するためのオシレーターとして利用することもありますし、ROCの値が100と交差した際のシグナルとしての使用方法もあります。

ROCとは、そもそもがRate of Changeの略称であり、変化率のことを言っているわけです。ROCはモメンタムとよく似たテクニカル指標ということがいえるでしょう。ROCの算出方法は、当日の終値を設定した日前の終値で割り、それに100をかければ算出することができます。基本的には、モメンタムもこのような算出方法をとっていますね。つまりはどちらも、今日の終値と◎日前の終値というものを比較しているのです。ROCはその比率というものを求めているのに対して、モメンタムは差額というものを求めているという違いだけなのです。

ROCもモメンタムも相場の勢いを表すためのテクニカル指標だと考えてください。◎日前周辺の相場の値動きよりも、現在の価格が大きく上昇している場合、ROCは当然に上昇することになります。たとえば、レンジ相場から上昇トレンドに以降した場合には、ROCははっきりと上昇を始めることになるわけです。ただ相場が上昇をし続けていたとしても、ROCが現象することもありえるわけです。それは◎日前周辺の価格上昇よりも、現在の価格の上昇が少ない場合です。これはどういったことかというと、価格の上昇幅が鈍ってくると、ROCは減少をし始めるということを指しているのです。

この性質というのは、とても重要なものであり、ROCやモメンタムというものが、先行指標と言われている要因のひとつでもあるのです。価格が上昇を続けているとしても、その上昇速度が鈍ってくると、ROCは反転をし始めるということになるわけです。当然に価格は再上昇することも有り得ますから、そのときには再上昇の勢いが上回っていれば、再びROCも上昇することになるのです。

ROCが転換する時には、それまで継続していた上昇相場であったり、下降相場というものが終わりを告げる時と判断することもできるわけです。しかしその先に何が起きるのかというものは、残念ながら正確に判断することは、ROCのみで測ることは難しいのです。ROCに変化がある場合、とにかく相場には何かしらの変化が現れるということだけは覚えておきましょう。

インジケーターで自動売買!MT4・FX業者人気NO.1はココだ!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34通貨ペア 詳細
FXトレード・フィナンシャル


>>メタトレーダー4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ